3通りの家出人の探し方の比較

家出人の探し方は、大きく分けて

  1. 最寄りの警察署に届け出る
  2. 自分で探す
  3. 探偵事務所に依頼する

の3通りに分けることができます。家出人が家を出た事情によって、どの方法を選択するかは、家出の状況や各家庭の事情などで少しずつ変わってくることでしょう。

 

ただし、次のようなケースは例外です。
  1. 何らかの事件に巻き込まれている可能性が高い場合
  2. あるいは、自殺をする恐れが高い場合

 

通常、警察署へ家出人の届け出をする場合には、色々と準備をしておいたほうが二度手間、三度手間にならなくて済みます。ですが、上記二通りの場合には、急を要します。ゆっくりと準備をしてから、警察署へ出向いているようでは、間に合わなくなくなるかもしれません。まずは、一度、深呼吸をしてから、

  1. 110番
  2. 最寄りの警察署の電話番号
  3. 各都道府県警察ごとに定めている行方不明者届け出専用電話番号

などで、電話口の担当警察官に事情を話して、警察官の指示に従ってください。

 

三通りの捜索方法の主な特徴は、以下のとおりです。

項目

警察

自分

探偵

調査費用

無料

自己負担

自己負担

調査エリア

全国

×

全国
規模次第

発見にかかる時間


本人の行動
危険性次第

×

専従捜査

×

秘匿性

調査の優先度


危険性次第

警察の家出人の探し方
警察では、例えば以下のようなケースでは、積極的に行方不明者の捜索を行います。
  1. 幼い子供が行方不明となり、何らかの事件・事故に巻き込まれている可能性が極めて高い場合
  2. 痴呆症を罹患している老人が行方不明になり、すぐに発見をしなければ、人命に関わる場合
しかし、上記以外のケースでは、通常の警察業務を通じて、家出人の発見に努めることになります。

携帯電話と家出人イメージ

発見に至るケースでは例えば、以下のようなケースが考えられます。

  1. 家出人が事件・事故に巻き込まれ、警察の取り扱い事案に関わることになる
  2. 警察官の巡回連絡や職務質問を受ける
  3. 交通違反や落とし物の届けなどで警察に住所・氏名等を告げる

そのため、本人の意志で家出をしており、事件・事故等に巻き込まれていないケースでは、警察署に家出人捜索届けを提出をしても、早期に発見に至らないケースも数多くあります。

 

また、発見に至った場合でも、事件・事故に巻き込まれたあと、或いは事件・事故を起こした後となる可能性も高くなります。

捜索願いの提出方法

警察署に捜索願を届け出る場合について見ていきましょう。

警察での家出人の定義

警察では、本人の意思により、又は保護者などの承諾がないのに住居地を離れ、その所在が明らかでない人を「行方不明者」といいます。

家出人の捜索願いの届け出場所

家出人の捜索願は、最寄りの警察署に届け出をします。

家出人の捜索願の届け出に必要なもの

都会と家出人イメージ

届け出をする際に、警察署で作成をする書類には、

  1. 家出人の本籍
  2. 家出時の住居・氏名・生年月日・職業
  3. 家出した日時や家出の原因・動機
  4. 家出した人の人相や体格、その時の着衣
  5. 自家用車などを使用して家出をしている場合には、その車両のナンバー
  6. 本人の立ち回りそうな場所

などを記載します。

 

普段、一緒に住んでいる家族でも、事前に書類などを用意していないと咄嗟に出てこない内容もあるのではないでしょうか?本人の保険証などを参考に準備をしてください。

警察署に家出人の届け出をした後の注意

警察に家出人の届け出をした後、ご家族が先に無事ご本人を見つけた場合には、すぐに警察に連絡をして、本人を発見したので、家出人の手配を解除してほしい旨の連絡が必要です。

 

つい忘れてしまうと、無事帰宅をした後であるにもかかわらず、本人が行く先々で警察官に行方不明者扱いを受けることになります。大変な時間の浪費をする上、双方が不愉快な思いをします。

 

また、本人の家出の事情にもよりますが、せっかく家に帰ってきたにもかかわらず、そのあとで家出人扱いをされてしまっては、本人の感情を悪化させることにもなります。ご留意ください。

自分で探す家出人の探し方

家出人を自分で探す場合、捜索ができる範囲・時間・人数などに制約があります。個人の力では、出来ることが限られてしまいます。

 

また、事件や事故に巻き込まれた可能性、日頃、徘徊癖があるかなどの状況にもよりますが、多くの場合、専門の業者へ依頼したほうがよいでしょう。

探偵事務所の家出人の探し方

あなたがお住まいの地域や、捜索を依頼したい地域にもよりますが、家出人探しを探偵事務所へ依頼する方法があります。

探偵の評判と聞くと

無料電話相談イメージ

  1. 悪徳業者だったらどうしよう。
  2. 料金が高くなるのではないだろうか。
  3. 探偵なんて、そこら中にいくらでもあるけど、どの業者がいいか自分で分かるはずもない。
  4. 都会の捜索をお願いしたいけど、つてがないので、依頼をするのが難しい。

考えれば考えるほど、探偵に依頼するだけでも、宝くじに当たるようなものに思えてくるのではないでしょうか?

探偵事務所を選ぶ際のポイント
人探しや家出人の調査は、探偵の数多くある調査業務の中でも、特に各探偵事務所の調査能力の優劣が出やすい業務です。

 

事前に用意することのできる情報量に大きく左右されることから、家出人捜索は、探偵に依頼したからと行って、必ず見つかるという保証もありません。

 

出来る限り、発見に至る確立を高め、しかも早期に発見をするためにも、信頼をすることのできる探偵事務所を選ぶ必要があります。
また、調査費用は、どの探偵事務所でも多くの場合、調査にかかった日数により計算します。

 

事前に綿密な打ち合わせを行い、納得の行く見積もりが作成できること。契約後に、多大な追加料金が発生しないことも探偵事務所に依頼する際のポイントとなります。

家出人探しにおすすめの探偵事務所

探偵事務所 家出人探し 実績探偵事務所 家出人探し メリット探偵事務所 家出人探し 全国

原一探偵事務所の特徴

原一探偵事務所も業界では屈指の探偵事務所
全国主要都市に拠点を設置
自社独自(提携先を含まない)の調査員数では、日本一
たびたびテレビの人探し番組にも登場し、あざやかな発見、解決を行っています。

価格
評価 評価5
備考
原一探偵事務所の総評

原一探偵事務所も365日、24時間いつでも電話やメールでの無料相談、無料見積りを受け付けています。
探偵事務所と聞いて多くの人が抱くイメージとはかけ離れた、企業としての信頼と実績を併せ持つ口コミでも評判の良い探偵事務所です。

原一探偵事務所家出人調査 公式ページはこちら

原一探偵事務所の家出人探し相談

ご紹介をする探偵事務所は、調査実績39年 全国主要都市に10箇所の拠点を構える日本でも指折りの探偵事務所です。名前を原一探偵事務所といいます。

家出人の探し方 おすすめ2

徳光和夫さんが司会をする「逢いたい」や日本テレビの「バンキシャ」などに度々登場する人探しのプロ集団、それが「ハライチ」です。

  • 39年間で調査実績は70,000件以上
  • 全国の探偵業者で唯一、県庁のホームページ(宮城県庁や千葉県庁)に広告を掲載
  • 会社の規模と知名度、そして信用度

原一探偵事務所は、口コミや評判も好評価ばかり。

 

どこを探しても悪い噂が聞こえてきません。

 

39年間の実績え培われたスタッフの調査能力や探偵に必要とされる装備敷材の充実ぶり。

 

盗聴器やカメラ、ビデオテープから追跡用車両、無線装置まで、プロそのものの装備で、依頼・要望に応えます。

 

探偵事務所への依頼を考えるとき、まず最初に検討したい探偵事務所の一つです。

 

年中無休・24時間体制でいつでも電話での無料相談を受け付けています。

 

料金体系も分かりやすく、終わってみなければ、いくら請求がくるのかわからないということもありません。お急ぎであれば、特急調査も依頼できます。

 

原一探偵事務所の特徴
原一探偵事務所は、業界のリーディングカンパニー
  1. 全国主要10都市に拠点を開設
  2. 自社調査スタッフ数日本一
  3. 抜群の調査網・調査技術を武器にテレビの人探し番組にも度々登場
調査実績39年 解決実績だけでも、7万件以上

圧倒的な情報網と独自の調査能力で、迅速・確実で責任のある調査を約束します。

365日24時間いつでも電話相談を受け付けています。