家出人の原因と動機を特定すれば早く見つかる

家出人の原因と動機について 家出人の探し方

家出の原因と動機に心当たりはありませんか

あなたの大切な方が目の前から姿を消した今、なぜ家出をしたのか原因を特定することが、本人をいち早く発見するために重要な手がかりとなります。

家出の原因を特定する目的と必要性

家出をした原因を突き止めることは、家出人の早期発見に繋がることはもちろんですが、

  • 家出先を知る手がかり
  • 家出かどうかを区別する手がかり
  • 警察が一般家出人と特異家出人とに分類する際に必要

としての、意味合いがあります。
警察では、一般家出人の場合、通常の業務を通じて発見に努めることになりますが、特異家出人ということであれば、本人の生命にかかわりますので、最優先事項として発見・確保に努めることとなります。

家出の動機・原因の調べ方

家出をする前というのは、何となく普段とは少し違う雰囲気を周りに与えていたりするものです。
例えば、

  • 最近、ため息ばかりついていた
  • 何を聞いても上の空だった
  • なんとなく、疲れているように感じた

など、些細なことでも、今となっては、あれが兆候だったのか、あれが家出の気配だったのではと思い出すことがあるものです。
件数で見る家出人の実態」のページで詳しくまとめていますが、
家出の原因として、

  • 家族関係の問題
  • 病気を苦にして
  • 仕事で行き詰った
  • 異性が絡んだ問題
  • 学業不振

などがよく挙げられます。


親子の不仲や夫婦仲などであれば、家族の間でも周知の事実としてすぐに分かるでしょう。
病気を気に病んでということなら、既に家族も承知している場合も多いですし、最近受けたばかりの健康診断の結果が芳しくなかったなどの話を小耳にはさんでいるかもしれません。
仕事での行き詰まりということであれば、長年の懸案事項となっていた可能性もありますし、急に取引先がつぶれてしまい資金繰りに困った、連鎖倒産をした、会社でリストラされたなど同僚などに尋ねることで表面化する場合もあります。
異性問題ということであれば、駆け落ちということになるでしょう。
学業不振ということであれば、家出だけでは済まない場合も考えておかなければいけません。


特異家出人に該当する場合

家出の原因を特定することは、警察で言うところも一般家出人と特異家出人とに分けることにも繋がります。
病気などが原因ということであれば、思いなんだ末に自殺を企図している可能性も高くなります。
警察では自殺企図者を特異家出人として、最優先で捜索を行ってくれます。
今すぐに警察へ連絡をとりましょう。


また、誘拐や拉致・監禁などの事件に遭遇している場合にも、警察は即座に行動を開始してくれます。
しっかりと本人発見につながる情報をかき集め、警察へ捜索を依頼しましょう。


一般家出人に該当する場合

家出の原因・動機が警察で言うところの一般家出人に該当する場合、

  • 警察の通常の業務を通じて発見するのを待つ
  • 家族で手分けして、知人に連絡をとる
  • 探偵などに別途依頼する

という家出人の探し方をすることとなります。